SHURE BETA 58Aの使用感

「SHURE BETA 58A」のダイナミックマイクをゲーム実況で使ってみたので、使用感を簡単に書いておきたいと思います。

結論から言ってしまうと、「ダサボはダサボのまま」でした 笑

ちなみに、ちゃんとしたマイクは初めてで、よくわからないことも多く、たいした感想は書けません。

ヘッドフォンマイクとの比較

今回、ヘッドフォンマイク「CORSAIR」からダイナミックマイク「SHURE BETA 58A」への変更ということで、その比較動画もつくってみました。

あまり分かりませんが、声に力強さが出た感じはあるかな~?(若干 笑)
特に低い音が強まる感じがあります。

環境音は拾われてる気がするけど?

ダイナミックマイクなので周囲の音が入りづらいということですが、それがどの程度のことをいうのか。

録音した音声をヘッドフォンで聞くと、エアコンなどの室内の音はふつうに入っているのが分かります。セミの声とか車の騒音など室外の環境音も、部屋の窓を閉め切っていても入っていますね。

ただし、ヘッドフォンでかなりボリュームを上げた状態にすれば聞こえるという程度で、これを環境音は入らないと言っていいのかはよくわかりません。

超単一指向性?

指向性は「超単一指向性」ですが、上記のとおり、周囲の音も拾ってきますので、正直、自分が勝手に期待していた「超単一指向性」という感じはしませんでした。マイクの正面からしゃべった音以外は(入るには入るけど)きれいに入らないという感じです。


使用感は以上なのですが、今回の「SHURE BETA 58A」を使ってみるにあたった背景や、これからの課題なども書き記しておきます。

SHURE BETA 58Aを選んだ経緯

まず、「SHURE BETA 58A」を使ってみたいと思った経緯は以下の2点です。

  • 2人実況のときに、相方の声が入らないようにしたかった
  • リップノイズ対策

どちらも編集を少しでもラクにするためのものですね。

2人実況のときに、相方の声が入らないようにしたかった

2人実況のときは同じ部屋で収録しているのですが、お互い、自分の音声ファイルに相手の声も録音されてしまうんですよね、微妙になのですが。

別件で書くかもしれませんが「FIFINE」の単一指向性のマイクを相方に使ってもらったとき、相方の録音にぼくの声も露骨に入ってしまいました。

そのため、ぼくの声は、自分のマイクで録音した音声と相方のマイクに入りこんでしまった音声が重なってしまい、まるでエコーをかけたようになってしまいました。「Portal 2」の最初のほうの動画だと、ぼくの声がぐわんぐわん聞こえるものがありますが、それはこれが理由です。


それで、なるべく相手の声が入らないようにしたく、「超単一指向性」の「ダイナミックマイク」を試してみたかったということです。

結果は、さほど改善されませんでした。特に、「わー!」とか「www」と声をあげたときは、相手の音声ファイルに、自分の声の波形が出てしまいます。

リップノイズ対策

ぼくはリップノイズが乗りやすく、ここのところは編集で消すようにしているのですが、それが手間で仕方ありません。

リップノイズ対策を調べていて、どこかで「口とマイクの距離を離してみる」的な内容を見かけました。自分の場合、ヘッドフォンマイクを使用していたので、余計に口とマイクの距離が近すぎるかな?と考えたのが2つめの理由です。

コンデンサーマイクは感度が良く、些細な音も拾いやすいとのことで、まずは「ダイナミックマイク」から試してみました。

結果、これまたほとんど改善されませんでした。マイクの距離を離せばたしかにリップノイズは乗りにくいのですが、離しすぎると声も小さくなってしまう。なるべくリップノイズが乗りにくく、かつ、声がしっかり入るギリギリの距離を攻めるようにはしていますが、自分が思っていたほど、口とマイクの距離を離すことができませんでした。

今後試したいもの

ゲーム実況の収録環境づくりで次に試したいことは、「コンデンサーマイク」と「吸音材」です。

マイクの知識をある程度つけたいので、自分でいろいろ試してみたいですね。コンデンサーマイク、まずはリーズナブルな価格のものから使ってみたいです。

吸音材もやっぱり要りますよね 笑


ダサボはダサボのまま

「ゲーム実況はマイクにこだわったほうがいい」というのをネットでよく見かけますが、それにも「一定の素質が必要」というのは感じました。

たとえば、野球ど下手な人でもプロ仕様の一流道具をそろえればプロ野球選手になれるのかといえばそうではないという理屈です。

ぼくのダサボはどうあがいてもダサボのままです。イケボ羨ましい。

Memo,Zakki

Posted by taisho08